« 日の出 | トップページ | 今読んでいる本 内山節著『怯えの時代』 »

2009/02/23

今読んでいる本

山下範久著『現代帝国論』(NHKブックス、2008年、1070円+税)
著者はウォーラースティンに師事したとのこと。

『世界』(2009年3月号)の「特 集 雇用の底が抜ける――〈派遣切り〉と〈政治の貧困〉 」における、「【政治への問い】麻生首相に貧困は見えるか――「平等社会日本」の崩壊という政治課題   柿﨑明二 (共同通信) 」、「【政治の役割】<政治の時代>における<政治の貧困>  宇野重規 (東京大学) 」、「 【政治の論じ方】道徳的非難の政治を超えて――「ネオリベ」排除は自明か?  杉田 敦 (法政大学) 」は、いずれもよく論点が整理できており、国民がいかに政治を監視してかかわるべきか、明快だった。柿﨑氏に「冷静な凄み」と評された、派遣村村長の湯浅誠氏の今後にも注目したい。湯浅氏の、問題を可視化させ政治や社会をベターな方向に動かす力量ひとつとってみても、それは魅力的リーダーに見える。

|

« 日の出 | トップページ | 今読んでいる本 内山節著『怯えの時代』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/44149251

この記事へのトラックバック一覧です: 今読んでいる本:

« 日の出 | トップページ | 今読んでいる本 内山節著『怯えの時代』 »