« マンデラの名もなき看守 | トップページ | コピペ »

2008/08/27

ペシャワール会メンバーの悲劇

アフガニスタンでの今回の事件は、痛恨の極み。事件に遭った青年がいかに現地の人々に慕われていたかを知るにつけ、犯人の蛮行に憤りを感じる。事務局を置く福岡市の出版社・石風社の社長・F氏の沈痛な表情を報道で目にしたが、無念さがこみ上げてくる。これまで多大な貢献(それは現地の対日感情にどれほどのプラスになったことだろう)を果たしてきた会の活動を縮小しなければならなくなるのか、その点も気がかりだ。

|

« マンデラの名もなき看守 | トップページ | コピペ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/42293322

この記事へのトラックバック一覧です: ペシャワール会メンバーの悲劇:

« マンデラの名もなき看守 | トップページ | コピペ »