« 創部2年目で初の全国出場 | トップページ | 北京五輪の日本代表 »

2008/06/01

知人の博士論文が本になった

現役の新聞記者でありながらこのたび阪大の法学博士号を得た山田隆司氏の論文が刊行された。著名は『公人とマス・メディア』(信山社、2008年、3000円+税)。著者とは学生時代からの知人だが、とにかく努力の人である。著書の感想は後日記したい。
200806011859000

|

« 創部2年目で初の全国出場 | トップページ | 北京五輪の日本代表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/41397249

この記事へのトラックバック一覧です: 知人の博士論文が本になった:

« 創部2年目で初の全国出場 | トップページ | 北京五輪の日本代表 »