« 北京五輪日本代表の三宅宏実選手がラジオ出演 | トップページ | 季刊誌『道標』 »

2008/01/06

天安河原へ行ってきた

今年の年賀状写真に使った、昨年訪れて印象深かった場所を、早くも年明け再訪した。1月3日に大江天主堂、そして1月5日に天岩戸神社。その天岩戸神社からさらに奥まった所にある天安河原という洞窟へ初めて行ってみた。ここは天照皇大神が岩戸隠れのため天地暗黒となり、八百万の神がこの河原に集まり、いかにして隠れたアマテラスを岩屋から連れ出すか協議(「どげんかせんといかん」と?)したところと伝えられている。やはり独特の雰囲気のある場所だった。
さらに3日は海を眺めてきたのだが、5日は山を堪能しようと、帰りに阿蘇の草千里へ寄って、雪景色を堪能してきた。まさに今年も海千山千といったところか。
200801051208000

200801051527000


200801051528000

|

« 北京五輪日本代表の三宅宏実選手がラジオ出演 | トップページ | 季刊誌『道標』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/17593730

この記事へのトラックバック一覧です: 天安河原へ行ってきた:

« 北京五輪日本代表の三宅宏実選手がラジオ出演 | トップページ | 季刊誌『道標』 »