« 渡辺清著『海の城』 | トップページ | 大沢在昌『魔物』 »

2007/12/16

県立装飾古墳館へ行ってきた

初めて山鹿市にある熊本県立装飾古墳館へ行ってみた。館内のスペースからいって常設の展示は観ることがかなわなかったが、特別展の「日本のわざと美」は、しっかりした企画だったと思う。工芸分野の作品がその製作工程の解説と合わせて展示されており、特に和紙を取り上げていたのは、新鮮だった。
その後、同館の分館である歴史公園鞠智城・温故創生館も訪れた。こちらは丘の上に古代城を復元した公園施設でなかなか見晴らしがいい。往時の木材建築の水準の高さも認識できる。ところで、ここは今年の全国育樹祭に日本のロイヤルファミリーの一人が訪れたが、そのせいか育樹祭の会場である阿蘇方面から同地への道路の舗装が新しかったのが、印象に残った。
200712161512000

|

« 渡辺清著『海の城』 | トップページ | 大沢在昌『魔物』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/17384869

この記事へのトラックバック一覧です: 県立装飾古墳館へ行ってきた:

« 渡辺清著『海の城』 | トップページ | 大沢在昌『魔物』 »