« 11月の大分リハーサル国体に参加 | トップページ | しばし古代人気分 »

2007/09/23

これから読む本

山室信一著『憲法9条の思想水脈』(朝日選書、2007年、1300円+税)
博識とは同氏のような人というイメージをこれまでの著書から感じている。丹念に史実をひも解いた論考という習慣をまず持ちたい。
本書の巻頭で紹介されている宮柊二さんの文章がいい。「過ぎ去ればすべては忘れられており、または自ら忘れている。変化に傷を負わないものだけが充ちている」。しかも1949年当時の文章である。
02799491

|

« 11月の大分リハーサル国体に参加 | トップページ | しばし古代人気分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/16546931

この記事へのトラックバック一覧です: これから読む本:

« 11月の大分リハーサル国体に参加 | トップページ | しばし古代人気分 »