« 憲法を手中にしている主権者たるか | トップページ | 記者の力量、新聞の使命 »

2007/05/03

世界の指標、地球貢献という視点

当日となったが、「2007年5・3憲法集会&1万人銀座パレード」の案内を転載する。

 いまイラクやアフガニスタンで野蛮な戦争が起こされていますが、日本も従属的な立場であれこれに参加しています。憲法を改定すると、日本の自衛軍はこのような弱小国への武力行使に率先して参加するようになりましょう。日本国憲法は、このような侵略戦争を起こさないための、世界の模範憲法なのです。世界では、この日本の「模範憲法」の理念を取り入れようとしている国が増えつつあるのです。そのようなとき、この「世界の至宝」のような憲法が、俗悪な憲法に変えられようとしています。日本国憲法は命をかけても護るに値する世界の「指標憲法」ですから、それを護るためにそれぞれが行動を起こしましょう。


"憲法施行60周年" 生かそう憲法 守ろう9条 改憲手続き法はいらない 
2007年憲法集会&1万人銀座パレード


日時; 5月3日(休)12:00開場、13:00開会
会場: 日比谷公会堂とその周辺(地下鉄霞ヶ関、or日比谷)
内容; 発言者・植野妙実子、浅井基文、福島瑞穂、志位和夫
    歌&コント オオタスセリ
パレード;15:00~ 銀座コース
入場無料; カンパ要請あり

主催・5・3憲法集会実行委員会(事務局・憲法会議、女性の憲法年連絡会、憲法を愛する女性ネット、平和憲法21世紀の会、憲法を生かす会、キリスト者平和ネット、市民憲法調査会、許すな!憲法改悪・市民連絡会

|

« 憲法を手中にしている主権者たるか | トップページ | 記者の力量、新聞の使命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/14933381

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の指標、地球貢献という視点:

« 憲法を手中にしている主権者たるか | トップページ | 記者の力量、新聞の使命 »