« 新人選手登場 | トップページ | 世界史の必要性を考えてみる契機に »

2006/11/06

スギッチ~八郎潟~水中写真

Sugicchi
秋田杉のスギッチがマスコットとなる2007年「秋田わか杉国体」のウエイトリフティング競技開催地は、八郎潟町。まだ行ったことのない県に秋田県が含まれるのだが、水中写真家として著名な中村征夫氏は、この八郎潟に近い村の出身なのだそうだ。その中村氏が水中写真にハマったきっかけが、真鶴海岸。ちなみに神奈川県真鶴町は、1998年神奈川国体のときのウエイトリフティング競技開催地である。翌年の熊本国体を控えて視察に行かせてもらった思い出のある土地だ。ところで、何故、中村氏に関心があるかというと、熊本出身の女性写真家・尾崎たまきさんのお師匠さんだからである。尾崎さんは弟子入り前から天草や水俣・不知火海に潜り水中写真を手がけていた。ついでにいうと、披露宴のスナップ写真も撮ってもらったことがある。ってなワケで関係のない人には、ワケの分からない話なのだが、なんか当人らが思い当たらないところで、何かがつながっているのだなぁと感じた次第だ。

|

« 新人選手登場 | トップページ | 世界史の必要性を考えてみる契機に »

コメント

はじめまして!熊本ブログ「おてもやん」スタッフの内田と申します。
ブログピープルの熊本ご当地ブロガーの方にメールをさせていただいております。
11月1日に熊本ではじめてのブログサイトを立ち上げました。
まだまだこれからなのですが、ブロガーの皆様のコミュニティづくりに、
お役が立てればと思います。
ぜひ、一度遊びに来てくださいますよう、よろしくお願いいたします。

http://www.otemo-yan.net/
staff@otemo-yan.net

投稿: keisuke | 2006/11/08 10:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/12583989

この記事へのトラックバック一覧です: スギッチ~八郎潟~水中写真:

« 新人選手登場 | トップページ | 世界史の必要性を考えてみる契機に »