« 日乞いは白馬 雨乞いは黒馬 | トップページ | 宇井純さん死去 »

2006/11/11

NIE公開セミナーに参加

「教育に新聞を」=NIEという、学校で新聞を教材に使う学習活動がある。熊本でも県内に拠点をおく新聞・通信社と小中高校が参加して活動が行われている。きょうはその公開セミナーが行われ、高校時代にNIEを実践した大学生がスピーチを行うので聴きに行った。他に先生方による実践報告があったが、やはり実践した本人である先の学生の話の方が、説得力があった。
それにしても新聞に親しんでいる学生や社会人が、現在非常に少なくなっていることを実感している。いろんな形で接しても国語力や思考力が欠如している若者が多い。まったく、暗澹とさせられる。一方で、新聞が物足りないという人もおり、その思いも理解できる。確かに内容がうすっぺらいというか、全体的な知のレベルの低下にメディアの側が迎合した記事の作りを感じることもある。
つまるところNIEの実践は新聞を鍛えられる良質の読者を育てる運動であり、良質な新聞による情報発信がなければ、社会は良くならないのではないだろうか。
もっとも新聞を読むのは最低限の話で、それだけに情報を頼ってもいけない。読書をして、書く行為も行わなければ、思考力はつかないと思う。スピーチを行った学生も月最低10冊の読書を行っているが、大学生なら毎日1冊のペースでもよいと思う。

|

« 日乞いは白馬 雨乞いは黒馬 | トップページ | 宇井純さん死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/12646381

この記事へのトラックバック一覧です: NIE公開セミナーに参加:

« 日乞いは白馬 雨乞いは黒馬 | トップページ | 宇井純さん死去 »