« ダバディ氏がJFA会長に立候補宣言 | トップページ | YOSHIZU君の作品紹介サイト »

2006/07/20

冨田メモの捉え方

靖国に合祀されているA級戦犯をどう認識しているか? これは公人の歴史観・平和哲学が試される一つの大きな問いだったわけだが、コイズミとアベのあの頑なな反応を見てみると、とても責任がとれる器には思えないのだが・・・。
昭和天皇の御心が明らかになったことで、分祀論への流れは弾みがつくであろう。仮に分祀が実現すれば、対アジア関係には好材料かもしれない。しかし、依然として政教分離問題は残る。特に現在の政権が宗教政党に繰られているだけに憲法を軽んじるそのルーズさは、懸念せざるを得ない。

昭和天皇、A級戦犯靖国合祀に不快感・元宮内庁長官が発言メモ (NIKKEI NET 2006/7/20 07:00) 昭和天皇が1988年、靖国神社のA級戦犯合祀(ごうし)に強い不快感を示し、「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」と、当時の宮内庁長官、富田朝彦氏(故人)に語っていたことが19日、日本経済新聞が入手した富田氏のメモで分かった。昭和天皇は1978年のA級戦犯合祀以降、参拝しなかったが、理由は明らかにしていなかった。昭和天皇の闘病生活などに関する記述もあり、史料としての歴史的価値も高い。

|

« ダバディ氏がJFA会長に立候補宣言 | トップページ | YOSHIZU君の作品紹介サイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/11034486

この記事へのトラックバック一覧です: 冨田メモの捉え方:

« ダバディ氏がJFA会長に立候補宣言 | トップページ | YOSHIZU君の作品紹介サイト »