« 『脳内汚染』読後感 | トップページ | 八代市で魚住昭氏の講演を聴いてきた »

2006/06/30

おもしろ広告 金鳥小説ふらふら、宇土シティ劇場

金鳥小説「ふらふら」 大滝秀治と岸部一徳が父子にふんしたこの広告だけは笑える。朝刊のささやかな楽しみだった。
地元のショッピングセンターでは、4コマ漫画「宇土シティ劇場」で勝負に出ている。こちらもその思いっきりのよさが爽快だ。

|

« 『脳内汚染』読後感 | トップページ | 八代市で魚住昭氏の講演を聴いてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/10743186

この記事へのトラックバック一覧です: おもしろ広告 金鳥小説ふらふら、宇土シティ劇場:

« 『脳内汚染』読後感 | トップページ | 八代市で魚住昭氏の講演を聴いてきた »