« コモンはいいけど、顧問だらけってのはね | トップページ | 日刊ベリタのリンク記事 »

2006/02/26

これはどうにかしたい

別に少子化はいいと思っているが、これはどうにかしないと。生まれてきた子供たちの命にかかわる問題だ。
asahi.comより。2006年02月26日13時58分

臨床研修で激務を実感? 新人医師の小児科志願急減
 研修期間を終えて今年4月から大学病院などに勤務する医師のうち、小児科医が3年前の55%に激減することがわかった。04年度に導入された臨床研修制度の1期生。調査した日本小児科学会は、新制度で様々な診療科を経験するようになり、小児科の労働条件の厳しさを実感して敬遠する人が増えたのではないかと分析。「このままだと、小児科医が加速度的に減少する可能性がある」と危機感を募らせている。
 昨年末から全国106の大学病院(分院を含む)にアンケートし、83病院から回答を得た。臨床研修後に大学の医局や関連病院の小児科に進む予定の医師は276人。新制度導入前だった03年度の502人から4割以上減った。
 臨床研修1期生のうち、もともとの小児科志望を研修中に変えた人は223人いた。変更先は内科が最も多く101人。次いで外科、麻酔科、皮膚科が各17人だった。逆に、他科から小児科への志望変更は70人にとどまった。
 臨床研修制度は、新人医師に幅広く基本的な診療能力を身につけさせるのが目的で、2年間に内科や外科など複数の診療科で研修を受ける。導入前は特定の医局内の限られた診療科だけを経験するのが普通だった。
 小児科は症状が軽くても夜間や休日に駆け込んでくる患者が多いうえ、医師不足もあって他の診療科より負担が重いといわれるだけに、同学会は「小児科医の待遇改善や研修制度の見直しなど、医師確保のための対策が必要だ」と訴えている。

|

« コモンはいいけど、顧問だらけってのはね | トップページ | 日刊ベリタのリンク記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/8847201

この記事へのトラックバック一覧です: これはどうにかしたい:

« コモンはいいけど、顧問だらけってのはね | トップページ | 日刊ベリタのリンク記事 »