« 仕事のメモ書き | トップページ | 走狗ヤフー »

2006/02/09

イタリアの観光ガイド、ラテン気質

けさのNHKで冬季五輪が開かれるトリノ市内を現地のガイドの案内で紹介していた。ただガイドといっても日本語を話すわけではない。イタリアを団体旅行した人は経験あるかもしれないが、外国人観光客が同国内を旅行する際は、国内観光産業の振興を名目にイタリア人ガイドが必ず同行する。観光中、もっぱら見所を案内するのは(日本人の団体なら)これとは別の日本人添乗員。その間、イタリア人ガイドが何をしてるかというと、何もしてない。こういう外貨の稼ぎ方があるかと感心したものだった。よほど旧ソ連時代の現地ガイドの方が外国人監視のために仕事をしていた。
ところで、トリノ五輪の施設準備はどうなのかな? なんといってもラテン系のおおらかさには驚かされるので、あとでどんなニュースが発生するのか、妙に期待してしまう。かつて半年後に五輪を控えたバルセロナのスタジアムを訪れたことがあったが、当時、設計より個席が5000くらい足りない、工期が遅れてると言う割には、のんびりやってたのを思い出した。このへんも見所かな。

|

« 仕事のメモ書き | トップページ | 走狗ヤフー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/8575778

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの観光ガイド、ラテン気質:

« 仕事のメモ書き | トップページ | 走狗ヤフー »