« 人口減日本社会と地球人口爆発 | トップページ | 八ちゃん堂もご愁傷さま »

2006/01/15

デジカメの時代かあー

 何を今さら、といわれるかもしれないが、先日のニコンのフィルムカメラ部門撤退のニュースに接してその思いを強くした。実際、ニコンのフィルムカメラ(一眼レフ)を愛用してきたユーザーとしては、ついに一つの時代が終わったのだなと、感じる。ニコンカメラという商品には、それこそ性能・機能こそがすべてで、実際の製造現場はそうでもないのだろうが、職人の粋を集めた作品というイメージを持っていた。今の高級車のように、人に見せびらかすことが目的の商品ではなく、時代を伝えるための徹底的に実用的な商品という感じだ。だから、写真を残すのだったら必然的にニコンのカメラを使うというような・・・。そういえば、今のソニーのビデオカメラにそのイメージは弱いなあ。
 いまだにデジカメのシャッター感覚(感触といってもいい)にピントが合わないのだけれど、いよいよ乗り換え時期にきたのかなという気がする。

|

« 人口減日本社会と地球人口爆発 | トップページ | 八ちゃん堂もご愁傷さま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/8173080

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメの時代かあー:

« 人口減日本社会と地球人口爆発 | トップページ | 八ちゃん堂もご愁傷さま »