« ASOは秋の気配 | トップページ | 第2回ユビキタス村TV »

2005/09/20

果してどうなんだろうか?

野党第1党の代表として果してどうなんだろうか? 私と同年の今度の御仁のことである。
なんといっても国政進出の出自が日本新党というのが気になる。はっきりいってこの政党は、自民党の成り損ないの寄り合い政党だった。野心はあるものの自民党から出れない青年がこぞって立候補の道具にした一方の極に過ぎなかった。野党時代の自民党が公募や派閥解消を掲げて政権を奪還すると、存在感を失っていつのまにかなくなってしまった。
それと政策理念の出自が自民党ブレーンだった故・高坂正尭の弟子というのも気になる。ゼミ生だったから師匠の考えと一緒というのも理解できない。別に学者じゃないんだからもっと独自の安全保障観があってもよさそうなもんである。
もっとも今度の代表で次の選挙まで持つかどうかわからんから、いまはとやかくいわなくてもいいのかもしれないが・・・。ちょっと本気で政権交代を考えるんなら、いまのままでは難しい気がする。ポスト前原の始まりの気がした。

|

« ASOは秋の気配 | トップページ | 第2回ユビキタス村TV »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84238/6039240

この記事へのトラックバック一覧です: 果してどうなんだろうか?:

« ASOは秋の気配 | トップページ | 第2回ユビキタス村TV »